皮膚科専門医の髪の健康相談室*脱毛について

はてなブックマーク
2019.11.14

 

 

 

こんにちは♪

 

 

このコラムを全部コピペして

ちゃみブロに毎日貼り付けたいちゃみですデコメ

 

 

➡︎皮膚科専門医の髪の健康相談室

 

BAD5B3A1-7671-44ED-A048-E7EF002578FD

 

デコメ

 

 

やっと全部読みました!

 

 

今まで色々調べたけど、

こんなにまともに

脱毛の事を書いているコラムは初めてです!

 

 

ちゃみの知識は

医療用ウィッグを取り扱っている時に

受けた講習を参考に

 

今まではお客さんの髪の状態を見てお話を聞き

憶測で考えていました。

 

 

それがちゃんと実証されていて

やっぱりそうだったんだなー!とか

新しい発見があったり

 

それでもまだまだ未知の部分が

多い分野ではあるそうです。

 

 

 

 

全コピしたら

ちゃみブロが抹消されるかもしれないので

脱毛に関する要点だけ

お伝えしようと思います(^^)

 

 

 

 

薄毛や脱毛の原因

 

 

 

・加齢

毛周期の休止期が長くなり、

髪の成長期が短くなって伸びが悪くなり、

ボリュームがなくなってきます。

 

1F7EB182-3C3A-415F-8A1F-0449DE10DA15

 

 

・男性ホルモンの影響

閉経すると

エストロゲン(女性ホルモン)が減り、

男性ホルモンの分泌が優位になり、

 

女性にAGA(男性型脱毛症)の症状が

表れることがあります。

 

 

 

 

・出産後のホルモンの作用

出産後の女性は

髪の毛を伸ばしにくくする働きがある

乳汁分泌ホルモンが増えますが、

出産後の薄毛は自然の摂理です。

 

 

 

 

・生活習慣

ダイエットなどの偏った食生活、睡眠不足、

人間関係のストレスなど、

 

5CEFFA02-5407-4FF4-961D-11F1596DC0B5

 

・全身性の病気や持病

女性に比較的多いのは、

甲状腺の病気や貧血、膠原病などです。

 

また内臓の病気や腎不全でも

髪の問題が起きることがあります。

 

 

 

・薬の影響

抗がん剤以外でも

市販薬の生理痛や頭痛などの鎮痛剤、

抗菌薬やピルでも脱毛の原因のひとつに

考えられます。

 

それだけではなく

病気の治療のための病気で処方された薬でも。

 

 

E37AD0FC-59E3-4AFE-9D07-98F6F62AFF2F

 

A48D2917-0681-498D-97DB-EEC0C9990505

 

 

 

 

 

髪は全身と繋がっているので

色んな原因が潜んでいる可能性があります。

 

 

髪が薄くなったと感じたら

発毛クリニックなどに行く前に

皮膚科専門医を探して受診して下さい。

 

 

発毛クリニックなどでは

間違った治療で悪化する可能性もあるそうです。

 

 

そして皮膚科で

持病のこと、服用している薬、

生活習慣で最近変わったことなど、

些細などんな事でも話してみて下さい(^^)

 

 

 

➡︎皮膚科専門医マップ

 

 

 

脱毛に関する

病気や治療の事、育毛剤の種類など

かなり詳しく書いてあるのでオススメです☆  

 

チャミクールでも読めまーす(^^)

 

➡︎皮膚科専門医の髪の健康相談室

 

 

 

髪の毛と体を大事にして下さいね(^^)

 

 

 

 

 

今日も素敵な1日になりますように…♪

 

 

 

 

ご予約はこちらから

082-223-1420

 

 

チャミクール公式LINE

一覧 TOP